過払い金請求で起死回生|弁護士は救世主です

相談する

男の人

離婚に際して慰謝料請求ができる場合

離婚に際して必ず出てくる問題の中にお金があります。養育費や財産分与は請求する権利がありますが、意外と皆さん知らないのが慰謝料は必ず請求できるものではないということです。これは有責配偶者が支払うものですが、性格の不一致、価値観が違うといったような相手方に責任があるわけではない事由での離婚の際は請求することはできません。不倫等の不貞行為や、家庭内暴力等があった場合は慰謝料は請求することができます。また、不倫の場合には不倫の相手方に対しても慰謝料を請求することができます。この様な場合には証拠が必要となってきますので離婚を考えていらっしゃる方はメールや写真、日記等の証拠を集めておくことをお勧めします。

請求額はどうやって決めるか

慰謝料を請求することを決めたら、次は請求額をきめます。裁判になる場合を除いて請求額は請求する側が提案し、支払う側がそれに合意して決まることが多いです。簡単に言えば話し合いです。ここで注意したいことは、莫大な金額を提示してしまうことです。たとえ相手側と合意に達したとしても、そのような場合には月々の分割払いになることが多いので後々支払いが滞ることが多いのです。離婚してしまえば赤の他人、ではありませんがいつまでも慰謝料を支払い続けることはそう簡単ではありません。支払いが滞ると請求の内容証明を送ったり、それでも支払いがない場合には強制執行の手続をしたりと請求する方もまた大変な思いをします。できるだけ実現可能な金額にしましょう。